今日も元気なアウトドア屋さん遊働館 TOP-新着情報サイトマップHelp

HOME キャンプの部屋 山の部屋 川の部屋 海の部屋 風の部屋
ショッピング オークション 会社案内 リンク集 アンケート 掲示板
遊働館ショッピングへGO!




  はじめに
  アウトドアで重宝するガス器具は、携帯にも便利でいろいろな場面で役立ちます。 何気無に使っているガスも様々な工夫と人間の知恵の結晶だとおもいます 改めてこの便利なガスについて勉強するのもなんなのですが、アウトドアで 使うものですから基本的なことは知ってたほうがいいのかな?
gas.jpg
  LPGてな〜んだ?
  LPGの特長
アウトドアで使われているガスと言えば、LPガスを使用したものがほとんどです。お手持ちのカートリッジありましたら、手にとって見て下さい。表示にLPGと書かれていますよね。LPガスは正式名称を<Liquefied Petroleum Gas=液化石油ガス>といい、文字どおり、石油系のガスです。常圧で原油に熱を加えて蒸留すると、この最初の段階で発生するのがプロパンやブタンといったLPガスです。 後で触れると思いますがこの配合の違いで寒冷地使用とかプレミアムガスとか表示されているものがあるんですね。
LPガスは、常温の状態で加圧すると気体から液体へ、減圧すると液体から気体へ、その姿を簡単に変えられるという特徴を持っています。この特徴を上手くつかったのが、アウトドアで私たちが使うガスボンベのなんですね。これが気体になると、体積は250倍にも膨れ上がるんですよ。

1 LPGは空気より重い
2 LPGは無色無臭
(空気中に漏れだしたときにわかりやすいよう、安全のために着臭を義務づけられています)
3 LPGが気化すると250倍の体積に
4 発熱量が高い

  成分表示を見る
 

お手持ちのガスカートリッジをみて下さい。 成分表示になんて書いてありますか? のらちゃんが今手元にあるカートリッジには <液化ブタン><液化プロパン.液化ブタン><液化イソブタン.液化プロパン>などの表示が あります。 ではその表示にあるLPGについてみていこうと思います
<液化ブタン>
硫黄分が皆無に等しい事から、化学工業原料として利用されています。又無臭であること、有害不純物が皆無でありますが、アウトドアなどで使用されている場合は臭いがついています。 燃焼させる場合、多量の空気を必要としますので燃焼中、十分空気を供給しないと不完全燃焼により一酸化炭素中毒を起こす危険性があるので注意してね。普通はノーマルタイプとして販売されていると思います。

<液化イソブタン> 下の表を見てもらえればわかるのですが、ノーマルタイプのガスより沸点が低いので、寒冷地使用とかいった表示で販売されています。

<液化プロパン>
液化プロパンの沸点は-42度。室温の状態ではあっという間に気化してしまうのです。 プロパンが空気中に分散して空気と混じりあい、次第に濃くなって空気中の濃度が2.2%から9.5%(ブタンは1.9%から8.5%)の範囲になった時、燃えたり爆発したりするのです気体のプロパン1立方メートルを燃やすと24,000Kcal、ブタン1立方メートルは31,000Kcalの熱量を発生します。また、液体1Kg当たりですとどちらも12,000Kcalの発熱量があります。
ガスの種類 沸点(℃) 融点(℃) 蒸気圧kg/cu(25℃)
ブタン(C4H10) -0.5 -138.3 1.8
イソブタン(C4H10) -11.7 -156.9 2.6
プロパン(C3H8) -42.1 -187.7 8.5

  カートリッジの形状
  形状が違うタイプのカートリッジがあるんだけど...

はいはい..そうでうよね。アウトドアショップに行くと様々なメーカーが LPG対応のストーブやランタン、冷蔵庫などを見かけますよね。 そう、カートリッジが異なるものがたくさんでてますね。 のらちゃんの店でも、T型カートリッジやコールマンの凸型、カセットコンロ用、イワタニミニ用とか キャンピングガス用、フジ灯器使用のものなど全部で10種類以上おいてるのかな? お客様に安全に使っていただくためにはメーカー純正品をおすすめしています。

最近、どのメーカーのカートリッジが適合するかなどのご質問がありますが、 安全上お答えすることはできません。純正品の使用をおすすめします。 また、成分や製法などの質問は各メーカーにお問い合わせください。


youdocan@youdocan.ne.jp
Copyright(c) 1997 youdocan Co.,Ltd. All rights reserved.



★★★ 遊働館のネットショッピング ★★★kau.gif ←クリック
TOPページに戻る 道具のお手入れのページへ 登山のページへ キャンプのページへ