今日も元気なアウトドア屋さん遊働館 TOP-新着情報サイトマップHelp

HOME キャンプの部屋 山の部屋 川の部屋 海の部屋 風の部屋
ショッピング オークション 会社案内 リンク集 アンケート 掲示板
遊働館ショッピングへGO!

チタンについて

はじめに アウトドア商品で使われる素材は日進月歩。様々な新しい素材が利用されています。 これから数回に渡り現在注目されている素材についてのらちゃんと一緒に学んでいきましょう 今日はチタンについてです。

チタンの歴史 チタンという金属の存在を初めて発見したのは1791年、イギリス人のクレーガーによってでした。 しかし、この時は「メナカメイト」と呼ばれていました。4年後の1795年、ドイツの化学者クロプロートがルチル鉱石の大部分がこれまでに知られていない全く新しいものであることを発見し、この金属をギリシャ神話のタイタンにちなんでチタン(TITAN)と名付けました。 しかしのちこの物質がおなじだとわかり チタンという名前で呼ばれるようになりました。
しかし、純正のチタンを取り出す事は難しく、取り出す事ができたのは1910年20世紀に入ってからでした。工業用品としてそれが利用できるようになるにはそれから30年の歳月を必要でした。
チタンてどんな物質なの? 物理的性質
溶融点は1.668℃で高い(鉄よりやや上)
比重は4.5で軽い(鉄の約60%、アルミニウムの約1.7倍)
熱膨張係数は8.4×10(-6)/℃で小さい(18-8ステンレス鋼の約半分、アルミニウムの1/3)。
熱伝導率は0.041cal/cm2/sec/℃/cmで小さい(18-8ステンレス鋼とほぼ同じ)
電気抵抗は55μΩ-cmで大きい(18-8ステンレス鋼以外の純金属に比べて大きい)
透磁率は1.0001で非磁性体である。
結晶構造は変態点(885℃)以下では稠密六方格子で、変態点以上では体心立方格子である。
縦弾性係数は10.850Kg/mm2で小さい(鉄の約半分、アルミニウムの約1.5倍)。

耐食性
チタンは酸化性酸、中性溶液、アルカリ溶液、各種塩化物溶液、有機酸、湿潤なガスなど、多くの腐食媒体に対しすぐれた耐食性があります。これは酸化皮膜の安定性によるものなんだって..


チタンの将来性 チタンは軽くて強く耐食性に富み、加工性にも優れた素材であると共に、最近では発色特性による装飾性、人体組織への無害性が注目され、環境にも優しい21世紀の素材として脚光をあびています。 アウトドア関連でもいろいろなものが作られていくことでしょう


アウトドアで使われているチタン製品てどんなものがあるの?
アウトドア用品ではチタンはいろいろなものに使われています。 代表的なものは、食器類で、皆さんがキャンプなどにもって行かれる、マグカップ、フォーク、ナイフや 調理なべ、最近は中華なべも販売していますね。それから思い出すところでは、シングルストーブ、 テントで使いますペグなどが代表的かな?これからもチタンの特性を上手に使ったものがでてくるでしょうね。 最近は価格もお安くなってきましたので、活用したいですね



まえのページへ



★★★ 遊働館のネットショッピング ★★★kau.gif ←クリック

TOPページに戻る 道具のお手入れのページへ 登山のページへ キャンプのページへ