今日も元気なアウトドア屋さん遊働館 TOP-新着情報サイトマップHelp

HOME キャンプの部屋 山の部屋 川の部屋 海の部屋 風の部屋
ショッピング オークション 会社案内 リンク集 アンケート 掲示板
遊働館ショッピングへGO!

ValueClickの掲載サイトになって、広告収入をゲットしよう!

ナイフの素材の話

ナイフの素材のこと教えて
ステンレス素材のナイフ
ナイフの素材は大きく分けて炭素鋼とステンレス鋼に分けることができる。最近はセラミック製のナイフも普及してきている。 現在主流はステンレス鋼のものが多い。
炭素鋼...日本のナイフに多いもので、日本刀の技術を受け継いだ世界にほこれる鋼である。錆(さび)に弱くもろいという欠点は、あるが魅力的な切れ味はたまらないものがある。
ステンレス鋼...鉄と炭素、クロム、モリブデンなどの合金で錆びにつよく粘りがあるので欠けにくい。独特の光沢があってそれがたまらないという人もいる。

代表的な素材名
440C..ナイフ素材として数多く使われている素材で、クロム成分が16〜18%含まれており、ナイフでは一番錆びにくい。

154CM..ジェット機のベアリング素材として開発。刃の持続性粘り強さには優れているが、錆には弱い。1時期アメリカンナイフの主流だった。

D2..炭素含有量が高い素材でタングステン、バナジウムもふくんでいるので摩擦には強いが錆びやすい。

ATS34..日本生まれの素材で、カスタムナイフの主流のナイフ素材。高級ナイフで使われる。
back003.gif前のページ 次のページnext003.gif


★★★ 遊働館のネットショッピング ★★★kau.gif ←クリック

TOPページに戻る   [1つ前に戻る]

Copyright (c) アウトドアショップ遊働館