今日も元気なアウトドア屋さん遊働館 TOP-新着情報サイトマップHelp

HOME キャンプの部屋 山の部屋 川の部屋 海の部屋 風の部屋
ショッピング オークション 会社案内 リンク集 アンケート 掲示板
遊働館ショッピングへGO!

[ 山小屋泊とテント泊 ]

初めての登山でのお泊り
はじめに

日帰り登山に慣れたら、今度はお泊り登山に挑戦だ!初めての山小屋泊りとテント泊り をされる皆様にまたまた、のらちゃんがアドバイスにゃん。 最後まで読んでね。

山小屋泊編。

山小屋と一言とでいっても、立地、規模、設備、食事、水など山小屋によって千差万別である。 でも、利用方法は大体どこも似てるので、ここでは、稜線など登山途中に立地する食事のでる 山小屋を想定してお話します。

@予約はあらかじめ入れとこう
人気の山だと、予約を入れておかないと泊まれないこともあります。

A到着はなるべく午後2−3時くらいで
山小屋への到着はなるべくこの時間帯にして、天気の安定する午前中に行動をしよう。

B山小屋に到着したら
受付と会計を済ませよう。受付時に設備の説明や食事時間、などの説明がある小屋もあるので ちゃんと聞こうね。翌朝の弁当手配ができる小屋もあるのでこの時一緒に申し込もうね。

C道具置き場の確認
●靴は指定の場所に
●雨具を着ていたら乾燥室などのある小屋ではそこへ
●ザック類も指定の場所に(貴重品は最近かなしいことだが泥棒さんもいるので、肌身離さずいたほうがいいよ)

D夕食
小屋によって千差万別にゃん。まずいからといって食べないと翌日に響くからね。だいたい夕食は6〜7時くらいが多いかな?いろんな人がいるから、情報交換するのもいいよ。ここでお友達いっぱいできるからね。

E就寝
山小屋の消灯は早い。9時から10時の間がほとんどだ。消灯時間の前に明日の準備は済ませておこう。 山小屋によっては大広間で雑魚寝てとこもあるので、消灯してから出歩くのはよそう。 翌朝のことも考えゆっくりやすもう

F出発
山の起床ははやい。夜明けとともに出発てグループもあるので、食事を済ませ出発だ! 忘れ物がないか要チェックだぞ!

その他注意点

靴やザックは大きく目印となる物を付けておこう
水は貴重品!大切に
テント編
テント泊。

テント泊だと限られたメンバーだから、山小屋泊と比べ自由に行動できる。 テント泊りの楽しみはなんといっても食事。まずは食事計画を立てよう

@食事計画
山での食事は軽い、かさばらない、日持ちするなど、制限があるので、 簡単な調理できるコンロなどで作れるメニュー作りが大切にゃん 前もって材料も下ごしらえしておくといいよ。

A共同装備の分担
テント、コンロ、ランタンと装備が重なるので、前もって パーティーをくむ場合は分担を決めよう。

Bテントの設営は決められた場所で、
有名な国立、国定公園内の山を登る場合はどこでもキャンプ可ていうわけではないので、あらかじめ決められた場所でテントを張ろう。場所によってはキャンプ費も払わないといけないのであらかじめチェックしておくこと。

Cテントの設営はチームワーク キャンプ泊では設営は大仕事??チームワークが大切。前もってテントの設営の練習もしておくといいよ!

どうだった?


初めてだと不安だけど、楽しくお泊りしようね。




ホテル/旅館予約はこちらから↓
back003.gif前のページ 次のページnext003.gif



bar
topページへ


Copyright 1997-1998 : 遊働館
Best viewd by Nestscape 4.0 or higher and Internet Explorer 3.2 or higher

Updated on : July 6th 1998


★★★ 遊働館のネットショッピング ★★★kau.gif ←クリック

TOPページに戻る   [1つ前に戻る]